ソニー、キーボード付き無線LAN端末「mylo」を国内販売

2006年10月19日
ソニーは、米国で9月より発売しているQWERTYキーボード搭載のコミュニケーション端末「“mylo” COM-1」を、12月中旬より国内販売する。
販売は直販サイト「ソニースタイル」およびその提携店で行なう。
予価は約45,000円で、出荷は2007年2月上旬を予定している。

製品名の「mylo」は“My Life Online”に由来。インターネット経由でのコミュニケーションを実現する製品として名付けられたという。筐体には320×240ドット(QVGA)表示対応の2.4型液晶と、スライド式のQWERTYキーボードを装備する。

通信機能としてIEEE 802.11b準拠の無線LANを内蔵し、インターネット経由の音声通話やWebブラウズが行なえるほか、本体のみでMP3/WMA/ATRAC形式の音楽、MPEG-4動画、JPEG/PNG/BMP画像の再生に対応。音声通話用にSkype、WebブラウザにはOperaを搭載する。

データ記憶媒体には1GBの内蔵フラッシュメモリと、外部メモリとしてメモリースティックデュオを利用。USB 2.0インターフェイスを備え、PCからの転送が行なえる。対応OSはWindows 2000/XP/同MCE。

ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
ニュースリリース
http://www.jp.sonystyle.com/Company/Press/061018.html

ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
posted by フリック at 15:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | PC関係| 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25751397

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。