本日より番号ポータビリティ開始――携帯革命激化

2006年10月24日
本日24日より始まった番号ポータビリティ(MNP)。
恐らく携帯ユーザーの8割ぐらいが知っていると思いますが、そもそも番号ポータビリティとはなんなのか?
簡単には、契約している電話会社(キャリア)を変更しても、電話番号は変更しないまま、継続して利用できる仕組みである。
ただし、Eメールアドレスや有料コンテンツは移転されない。
詳しくはこちらをご覧ください。携帯電話の番号ポータビリティ各社いろいろと戦略を練っているのですが、昨日(23日)にソフトバンクモバイルが新たな料金プラン「オレンジプラン」「ブループラン」を発表しました。
オレンジプランはauの料金プランを、ブループランはドコモの料金プランをベースとした料金メニュー。
それぞれのキャリアが提供している計18の料金プランと計24の割引サービスに対応した料金メニューを用意し、料金プランの月額基本料金は他キャリアの同等のプランより210円安く設定している。

ブループランはドコモの料金プランと各種割引をベースにしたソフトバンクの新料金メニュー。基本料金を210円安くした「LLプラン」「Lプラン」「Mプラン」「Sプラン」「SSプラン」「キッズ・シニアプラン」の6つの料金プランと「くりこし」「1年割引」「家族割引」「指定割引」「キッズ・シニア割引」「ハートフレンド割引」「長期利用割引」「パケット定額」「パケット割引」の各種割引サービスを提供。

オレンジプランはauの料金プランと各種割引をベースにしたソフトバンクの新料金メニュー。基本料金が210円安い「LLプラン」「Lプラン」「Mプラン」「Sプラン」「SSプラン」「ビジネス」「スタンダード」「エコノミー」「ライト」「オフタイム」「デイタイム」「キッズ・シニアプラン」の12の料金プランと「くりこし」「年間割引」「自分割引」「家族割引」「指定割引」「自宅割引」「キッズ・シニア割引」「学生割引」「ハートフレンド割引」「長期利用割引」「パケット定額」「パケット定額ライト」の12の各種割引サービスを提供する。

そのほかにも、ゴールドプランは、「新スーパーボーナス」(詳細は10月26日に発表)に契約したユーザーのみが加入できる、月額基本料9600円の料金プランで、無料通話はないものの、ソフトバンク携帯間の通話や国内向けSMSが無料という特徴を持つ。契約年数に応じて基本料金を割り引きする「継続割引」や、家族で契約すると基本料金を割引する「家族割引」も、従来より割引率を大幅にアップしている。

この宣言によりDoCoMoやAUが対抗策を出してくるのかが、ユーザーの注目するところです。

NTTドコモ ホーム
au by KDDI
SoftBank

ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
posted by フリック at 16:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記| 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26081037

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。