ソニー、バッテリの自主回収プログラム開始を正式に表明

2006年10月24日
現在、問題となっているソニー製バッテリーですが、今回正式に自主回収プログラムが発表されました。
ソニー株式会社は24日、バッテリ自主回収プログラムの開始を正式に表明した。
9月29日の案内の通り、取引先企業ならびに関係機関との協力の下、交換プログラムが開始される。

交換対象は、2003年8月から2006年2月までに製造された2種類(2.4Ah/2.6Ah)のソニー製リチウムイオン電池セルを用いたノートPC用電池パック。今回の交換対象個数は全世界で約350万個(デル、アップル、レノボの回収分を除く)。交換開示時期及び方法の詳細は、各PCメーカーよりユーザーに案内される。

米国消費者製品安全委員会の発表によると、今回の対象はソニー、富士通、Gateway、東芝が販売したノートPCのバッテリで、米国では34万個が出荷された。

同委員会はユーザーに対して、PCの製造元と連絡を取って詳細な説明を受けるまで、対象バッテリをノートPCから取り外すべきだとしている。

Sony Japan|プレスリリース | ノートブック型コンピュータ用電池パックの『自主交換プログラム』について

ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
posted by フリック at 20:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | PC関係| 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26094979

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。