マイクロソフト「Windows Anytime Upgrade」発表

2007年01月19日
マイクロソフトは1月19日、Windows Vistaの上位エディションへのアップグレードライセンスをオンラインで購入できる「Windows Anytime Upgrade」を、同OSを発売する1月30日から提供すると発表した。
同サービスは、Home BasicユーザーがHome PremiumやUltimateなど上位エディションに簡単にグレードアップできるサービスです。

アップグレードの申し込みはオンラインで行なうい、アップグレード方法は、Windows Vistaに搭載される「Windows Anytime Upgrade オプション」からアップグレードしたいエディションを選択し、オンラインで購入手続きを行なうと、上位エディションの機能を有効にするライセンスキーがダウンロードされる。
このライセンスキーと、PCに同梱されるWindows Anytime Upgradeのディスクを使ってセットアップを行なうと、アップグレードが完了する。
同サービスの対象となるメーカーは、東芝、NEC、富士通、レノボ・ジャパン、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、ヤマダ電機、エディオン、ピーシーデポの計10社。サービス開始の1月30日より、各社のサイトでデジタルライセンスキーの提供が開始される。

オンラインでWindows Vista(TM)のアップグレードが可能なWindows(R) Anytime Upgradeを提供開始
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31722186

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。