アップル、Windows対応のSafari発表

2007年06月12日
米Appleは11日、Webブラウザ「Safari 3」の英語版パブリックベータを公開した。
SafariはMac OS Xでは標準ブラウザで、今回Apple初となるWindows版も用意された。
対応OSはMac OS Xはもちろん、Windows XPとWindows Vistaで利用できる。
Appleでは、レンダリング速度、JavaScriptの実行速度、起動速度ともIEやFirefoxを上回るベンチマーク結果を記録していると言う。

なお、Safari3は今現在日本語版が提供されておらず、日本語のテキストを表示することが出来ない問題がある。
アップルジャパンは、Windows用Safari日本語β版の公開は「未定」としている。

ニュースリリース

アップル - Safari 3 パブリックベータ

Apple Store(Japan)
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。