マイクロソフト、7月の月例パッチ6件を公開

2007年07月11日
マイクロソフトは11日、7月のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)6件を公開した。修正する脆弱性の最大深刻度は最も高い“緊急”が3件、2番目に高い“重要”が2件、3番目に高い“警告”が1件となっている。
2件は「Microsoft Office」、1件は「Windows Vista Firewall」に関するものである。
緊急レベル
マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-036 - 緊急 : Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (936542)
マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-039 - 緊急 : Windows Active Directory の脆弱性により、リモートでコードが実行される (926122)
マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-040 - 緊急 : .NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される (931212)

重要レベル
マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-037 - 重要: Microsoft Office Publisher 2007 の脆弱性により、リモートでコードが実行される (936548)
マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-041 - 重要 : Microsoft インターネット インフォメーション サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (939373)

警告レベル
マイクロソフト セキュリティ情報 MS07-038 - 警告 : Windows Vista ファイアウォールの脆弱性により、情報漏えいが起こる (935807)

MS07-036は、Excelに対する修正パッチでExcel 2007/2003/2002/2000およびExcel Viewer 2003に影響がある。
MS07-040は、.NET Frameworkに関する3件の脆弱性を修正する。
.NET Framework 2.0/1.1/1.0をインストールしている環境に影響がある。

修正パッチは、「Microsoft Update」から入手できる。
マイクロソフトでは早急に修正パッチを適用するよう推奨している。

2007 年 7 月のセキュリティ情報
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
posted by フリック at 21:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | PC関係| 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。