Apple、新型のiPodシリーズ発表

2007年09月06日
米Appleは5日、「iPod」シリーズの新ラインアップを発表した。
今回発表されたiPodはビデオ再生対応の新「iPod nano」、完全金属筐体のHDD搭載「iPod classic」、通話機能を取り除いたiPhoneと同等「iPod touch」の3製品がお披露目された。
新型「iPod nano」は、ビデオ再生に対応しディスプレイが大型化した。
ディスプレイは従来の1.5インチから2インチにアップし、解像度も320×240ピクセルとなった。
動画はMPEG-4 AVC/H.264やMPEG-4形式のビデオ再生に対応した。
新デザインのインターフェイスを採用し、アルバムアートのフローティング表示などに対応。iTunesと同様のCover Flow画面での楽曲検索/再生が可能となった。iTunesに登録した写真の同期/再生機能も備えている。
デザインは縦方向に縮まった。

金属筐体の「iPod classic」は、従来のHDD搭載型iPodの後継シリーズにあたり、容量は80GBモデルと160GBモデルの2種類を用意されている。
最大の特徴はボディ全体が、陽極処理されたアルミニウムと磨かれたステンレス鋼で金属になったこと。
LEDバックライト付き2.5型カラー液晶ディスプレイ(320×240ドット)を搭載。
最長バッテリー持続時間は動画で7時間、オーディオが40時間となった。

そして、全面液晶モデルの「iPod touch」は、電話機能が省かれたiPhoneと同等の機能が備わっている。
前面には3.5インチ液晶(解像度は320×480ピクセル)のタッチパネルディスプレイとHomeボタンのみを備え、802.11b/gのWi-Fiネットワーク接続機能を備える。
Webブラウザやカレンダー、時計、電卓なども備えている。
容量はフラッシュメモリの8GB版と16GB版が用意されており8Gバイト版で約1750曲、16Gバイト版で約3500曲が収録可能だ。

また、iPod shuffleには変更はないが特別モデルとして赤い筐体を採用した「iPod shuffle (PRODUCT) RED Special Edition」が発表された。
このモデルの売上金の一部はアフリカにおけるエイズ、結核、マラリア世界基金に寄付される。

Appleは「iTunes Wi-Fi Music Store」もサービスインする。日本を含むiTunes Store対応の地域すべてで利用可能になる。このサービスを利用すると、iPod touchおよびiPhoneから音楽を購入して直接デバイスにダウンロードすることができる。

【Apple Store】革新的なタッチスクリーン型iPod touch新登場。¥36,800?

アップル、iPod touchを発表
アップル、新しいiPod classicを発表
アップル、まったく新しくなったiPod nanoを発表

関連URL
アップル、「iPod」シリーズを刷新--「iPod touch」や価格改定を発表:ニュース - CNET Japan
ITmedia +D LifeStyle:電話抜きiPhoneの「touch」、動画「nano」、大容量HDD「classic」――iPodが全ラインアップを改訂
ITmedia +D LifeStyle:写真で見る新「iPod nano」
ITmedia +D LifeStyle:写真で見る「iPod touch」
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
posted by フリック at 22:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | PC関係| 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54220797

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。