フェンリル、新機能追加と脆弱性を修正した「Sleipnir 2.6」公開

2007年11月13日
フェンリルは11月13日、同社が企画・開発・提供するウェブブラウザ「Sleipnir」の最新版「Sleipnir 2.6」を公開した。
フォーム復元機能「RememberMe」やインターフェースの見直し、するお気に入り検索機能で任意のスクリプトが実行される脆弱性などが追加・修正されている。

「RememberMe」はブログやSNSなどで入力中の記事の保存や復元が可能な機能で書きかけの文章を保存することができ、ウェブサイトのエラーやタイムアウトなどで大切な文章が消えてしまっても簡単に復元することができる。

また、インターフェースの見直しを行い、全画面表示機能のツールバー非表示に対応したほか、エラー内容などを表示するアウトプットDockのウィンドウサイズを可変にし、右クリックで簡単にクリアできるようした。

「Sleipnir 2.5.17 Release2」と、それ以前のバージョンに存在した「お気に入り検索機能」に関する脆弱性の修正を行なっている。
この脆弱性はIPA(情報処理推進機構)セキュリティセンターおよびJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が発表したもので、ブラウザのお気に入り検索機能で検索結果を出力する際の処理が不適切なため、任意のスクリプトが埋め込まれる脆弱性があるという。
ユーザーが不正なスクリプトを含むURLをお気に入り登録して検索を行うと、検索結果をブラウザ上に表示するときにスクリプトが意図しない形で実行されてしまう恐れがある。

このほか、タブ機能を強化する新プラグインや、初心者向けWebブラウザの最新版「Grani 3.1」も同日リリースされた。

Sleipnir | リリースノート
Grani(グラニ)スウィートでちょっぴりビターなブラウザ | リリースノート

フェンリル - ユーザーにハピネスを
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。