強制終了時のタブ復元機能を追加した「Sleipnir 2.6.1」公開

2007年12月13日
フェンリルは13日、タブブラウザ「Sleipnir」の最新版となる「Sleipnir 2.6.1」をリリースした。
今回のバージョンアップでSleipnirが強制終了したあと、本ソフトを再度起動した際にタブで開いていたWebページを復元する機能が追加された。
復元機能は次回起動時にダイアログでセッションを復元するか、空白で起動するかを選択出来るようになっている。

また、設定画面で本ソフトの再起動が必要な変更があった場合に、設定画面を閉じると再起動の確認ダイアログが表示され、その場で再起動可能となっている。
このほか15件の不具合修正、11件の仕様変更が行われている。

Sleipnir 2.6.0で追加された入力フォームの復元機能「RememberMe」が、プラグインとして単体での提供となり、本体とは別にインストールできるようになった。
さらに同日、タブのマウスオーバーでWebページをサムネイル表示するプラグイン「Glanchip」もv1.0.1にバージョンアップし、サムネイルの表示が高速化している。

Sleipnir | リリースノート

Sleipnir 2 完全攻略ガイドSleipnir 2 完全攻略ガイド
Fenrir Developer Team 荒木 早苗 竹内 充彦

インプレス 2005-12-16
売り上げランキング : 209808

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フェンリル - ユーザーにハピネスを
フェンリル - ユーザーにハピネスを
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72657075

この記事へのトラックバック
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。