Google 天体観測「Google Sky」のWeb版公開

2008年03月15日
米Googleは13日、これまで「Google Earth」ソフトウェアからしか利用できなかった天体観測コンテンツ「Google Sky」のWeb版を公開した。
Google Earth」のダウンロードを希望しないユーザーは、このブラウザ版を利用することが可能になった。

Web版Google Skyは、インターフェイスにブラウザを使用する天文マップ表示サービス。
天体画像を拡大 / 縮小表示する機能のほか、赤外線やマイクロ波など異なる周波数の画像を表示する機能も用意されている。

日本語に対応しており、「馬頭星雲」や「火星」といった天体の名称を使い検索することも可能。
また、ハッブル宇宙望遠鏡などの天体望遠鏡で観測した高精細画像も表示可能だ。

Google EarthやGoogle Mapsでも利用されているKML (Keyhole Markup Language) もサポートされる。検索ボックスにKMLファイル所在地のURLを入力すると、その示す内容を表示することができる。

Google Sky
ランキングサイトに参加しました
プログが沢山紹介されています
人気blogランキングへ
posted by フリック at 21:00 | コメント(0) | トラックバック(1) | PC関係| 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89695495

この記事へのトラックバック

Google Earthの天体観測コンテンツ「Google Sky」のWeb版が公開!
Excerpt: ども!もこ茶です[:ラッキー:][:パン:] Googleは、今まで「Google Earth」からのみの利用でありました、天体観測コンテンツ「Google Sky」のWeb版を公開したことを発..
Weblog: もこ茶の携帯・モバイル徹底活用!
Tracked: 2008-03-20 22:19
バンダイナムコゲームス ララビットマーケット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。